街の中から消してしまえ (お題:オリジナルスマイル)

本日のお題は「オリジナルスマイル」。
急激にSMAPが人気を集めていった時期の曲で、SMAP13枚目のシングルです。

12月13日はビタミンの日なんですよね。
これからインフルエンザやら風邪やらが増える中で、
ビタミンCの摂取は重要な季節になって参りました。

やはり冬のビタミンC摂取手段の王道はミカン、ミカンです。
我が家では年末年始シーズンに箱で購入するのですが、
それはもう一日に10個を軽く超えるペースでミカンを食べるので、
この時期は肌が全体的に黄色目になります。

ただ1箱食べると飽きるので2箱目は買わず、
翌年のミカンシーズンを待つのです。

さて、お題の「オリジナルスマイル」は
久しぶりに替え歌に手ごろな文字数のサビでした。

この曲「笑顔だ【き】し【め】」の部分など、
1つの音を2つの音階で表現する部分が多いのですが、
ボカロで替え歌をする場合には、これが一つのポイント。

普通の曲であればひらがなにして、そのまま打ち込んでいけば良いんです。
「えがおだきしめ」のように。
(歌詞の音数が元曲と合っている場合。合わない場合は調整が入る)

しかし、このように2つの音階に分ける場合は
「えがおだきいしめえ」のように入力する必要があるため、
忘れるとどんどん歌詞がズレていきます。

歌詞がズレると当然ながら戻って再入力となるため、
入力で楽をするためにはこの場所を覚えておかなきゃいけないんですよね。

自信を持って入力したら、前の歌詞の音数調整でいじっていたため、
ズレまくりというのは良くある事であり、けっこうガクッとくる事象。
その時には少々時間がかかっても許してあげてください。