いまだ覚めず、岸の家(お題:冬景色)

先週お休みだったので新年一発目の替え歌。
曲自体は昨年末に作っていたので替え歌は久しぶりな感じ。
学園祭に向けた製作は進めていたんですけどね。

 

今日のお題は「冬景色」、文部省唱歌です。
作詞・作曲不明って昔の文部省唱歌にはいくつかあるのでミステリアス。
3拍子曲を作るのは久方ぶり、今の環境(Cubase)では初めてだったので、
ちょっと設定に戸惑いました。

自分は北海道出身なので冬の景色といえば雪景色なのですが、
仙台→関東と徐々に白の割合が減ってきて空気の混じりけの無さに
冬を感じるようになってきました。

1番は水辺の冬景色、2番・3番が田園・里の冬景色を描いているとの事で、
水辺を最初に持ってきている所に作者の意図を感じるような感じないような。

 

1番の湊江はそのまま港の意。
子供の頃は水鳥の読みが「みずどり」ではなく「みずとり」なのが
ずっと心に引っかかっていました。
いきなり出てくる岸の家はちょっと唐突。

童謡や唱歌はあまり手を加えずに打ち込む事が多かったのですが、
今回はピアノで遊んでみたりしたら面白かったので、
今年はもっと遊びというかオリジナリティを上手く入れていければいいなと思いました。