2015年1月期アニメOP/ED感想まとめ

2015年1月期のアニメの中で1・2話を見た作品のOP・ED曲に
一言コメントをつける企画をtwitterでやっていましたので、
こちらにコメントをまとめようかと。

 

ついでですがOP/EDで一番良かったのは下記の通り。
OP  『極限Dreamer』(SCREEN mode)「夜ノヤッターマン」OP
ED  『マグナ・イデア』(fortuna)「聖剣使いの禁呪詠唱」ED

OPの『極限Dreamer』(SCREEN mode)はありがちな曲調のロックなのですが、
OPとしての突き抜けが良く、アニメにも合っていたので選出。
『君色シグナル』(春奈るな)や『Punky Funky Love』(GRANRODEO)、
『Star!!』(CINDERELLA PROJECT)あたりが次点でした。

EDの『マグナ・イデア』(fortuna)はこちらもありがちな1クール限定女性声優ユニット。
アニメの完成度に反比例した曲の仕上がりで選出。
『栄光への一秒』(MAGIC OF LiFE)や『笑顔になる』(佐藤利奈・大亀あすか)
『カラフル。』(沢井美空)が次点でした。

 

『リマインド』(ROOKiEZ is PUNK’D)「弱虫ペダル GRANDE ROAD」2期OP
荒っぽさが魅力的だった同バンドのリクライム/リアライズや前期のDeterminationと比較すると、
何だか大人しくなっちゃった感じが。曲自体は激しさも残してるから編曲かな?
『栄光への一秒』(MAGIC OF LiFE)「弱虫ペダル GRANDE ROAD」2期ED
EDもかなりさわやか方向の今期。弱虫な炎とはかなり印象変わったのはOP/EDの差かバンド名変えたからか。
何かやりきった感のある映像と共に聞くと誰か天に召されてしまいそうな

『Absolute Soul』(鈴木このみ)「アブソリュート・デュオ」OP
年齢の割に技巧は十分感じられるものの、毎度ハードな曲調ばかりの印象な鈴木このみの新曲は
いつものややハードでBPMが高い印象。オープニングとしては突き抜けが足りない気もする
『Believe×Believe』(山本希望)「アブソリュート・デュオ」ED
いまどきの声優らしく、またモバマス声優としてキャラソン歌唱数が多い中で役に合わせて歌いきっている感。
舌足らずさとピアノが上手く融合しているかなと

『君色シグナル』(春奈るな)「冴えない彼女の育て方」OP
メタなネタが多い原作(およびアニメ)に反してストレートな青春ラブソング。
春奈るな楽曲だからという側面も当然あるものの適度にポップで跳ねる感触がいいですね
『カラフル。』(沢井美空)「冴えない彼女の育て方」ED
OPにあわせてエンディングもかなりポップな印象。作品によってはOPでも十分に通りそうな曲調は
「アカメが斬る!」のEDだった前曲とは大きく印象を変えて幅の広さを感じさせます

『海色』(AKINO from bless4)「艦隊これくしょん」OP(1話ED)
もう少しハードよりの歌手を持ってくると思えば意外なAKINOセレクト。もしくは角川セレクト。
曲質はハードな世界観を反映しているのですが声質が明るいこともあり、それほどのハードさを感じさせません
『吹雪』(西沢幸奏)「艦隊これくしょん」ED
やや和ロックテイストの入った曲調で作品への相性はこちらの方が良いかも。サビの連符が特徴的。
お名前は初耳でしたがこれがデビュー曲ですか。声は特徴的ではないので今後コンスタントに仕事ができるかどうか

『幸せについて私が知っている5つの方法』(坂本真綾)「幸腹グラフティ」OP
新しいラノベかと思った曲名。落ち着きつつも力強い坂本真綾の声を生かすためにシンプルではあるものの高BPMの曲調。
何だかすんなり曲に入る独特な構成
『笑顔になる』(佐藤利奈・大亀あすか)「幸腹グラフティ」ED
ブラスの音が楽しいthe声優が歌うアニソン。ブラス使ったのはOPとの連動性か。
飾り気の無いサトリナさんの声に対して大亀さんの声が特徴的なのでうまい組み合わせだなと

『FLYING FAFNIR』(TRUSTRICK)「銃皇無尽のファフニール」OP
玉置成実・高橋瞳、さらに遡るとglobeあたりを髣髴とさせる曲調で懐かしい気分。
誰かと思えば松田聖子と神田正輝をかけた存在である事の神田沙也加。作詞作曲もしているのですか
『Ray of bullet』(日高里菜・沼倉愛美)「銃皇無尽のファフニール」ED
全体的な作りにMF臭を感じる中、EDはシリアス側の曲調を持ってきて魔法戦争と同系統。
二人が歌っているのはわかるんだけど声質が似ているせいかパート分けがわかりにくい!

『FINAL VICTORY』(青道高校野球部)「ダイヤのエース」6期ED
6期目も4・5期と変わらず男性声優陣が歌うさわやか系ソング。1~3期が女性ボーカルだった所から路線変更は継続中。
もう少し色んなキャラの声を入れていけば楽しい曲になるんじゃないかと

『Star!!』(CINDERELLA PROJECT)「アイドルマスターシンデレラガールズ」OP
安定の『アイマス』サウンド。本当にアレンジがブレない。こういった新人アイドルの気持ちを歌った曲って
シリーズ中にこれまでもたくさん出していると思うのですが新鮮に聞けますよね
『メッセージ』(大橋彩香・福原綾香・原紗友里)「アイドルマスターシンデレラガールズ」ED
ややしっとりしたエンディングでも安心の『アイマス』サウンド。
現実のアイドルとは方向性がちょっと違うと思うのですが、あの世界観の中でのアイドル曲を表現しています

『青春サツバツ論』(3年E組うた担)「暗殺教室」OP
歌っているのは素人(生徒)である事を基本にした企画はわかる。わかるがもう上手い方法は無かったか。
また、この方向性なら作曲できる人ももっといるだろうに田中公平の無駄使い感がすごい
『Hello shooting-star』(moumoon)「暗殺教室」ED
EDはOPと打って変わってかなりしっとりしたナンバー。アニメに合っているかどうかはさておき曲のクオリティはしっかり。
化粧品業界のCMからアニソンへの転身がうまくいくかどうか

『&Z』(SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki)「アルドノア・ゼロ」2期OP(1話ED)
EDはこの路線継続するのかと思えば、1話のみEDの事で。英詞曲かと思ったら冷静に聞き直したら
英詞じゃなくて単に歌詞が聞き取り難い系でした。どちらにせよオシャレに振りすぎでは感はありますが
『GENESIS』(藍井エイル)「アルドノア・ゼロ」2期ED
最近のアニソン戦線における有力常連の藍井エイルがEDを担当。力強いボーカルでメッセージを伝えるスタンスは相変わらずで
BPM高めハードな曲だけでなくしっとりした曲でこそ力を発揮するのかもしれません

『No Limit』(水樹奈々)「DOG DAYS”」OP
紅白常連になろうと水樹奈々路線は継続という事でおめでとうございます。
DOG DAYS曲は作曲・編曲が毎回変わっているというのに、曲調の継続性を強く感じるのはシンガーの実力かチームの実力か
『Stay With Me』(堀江由衣)「DOG DAYS”」ED
EDも堀江由衣路線で継続という事でおめでとうございます。前二曲と比べてスピード感を抑えて勇壮さよりもゆったりした雰囲気で
得意なジャンルでは。ギリギリナファイッにならなくて良かったですね

『極限Dreamer』(SCREEN mode)「夜ノヤッターマン」OP(1話ED)
最近のアニソンバンドによくある曲調ながらストレートにスピード感もあってカッコ良い感じ。
地がしっかりしているのでポイントも高い。ボーカルは『くまプーさん』のクソガキの声の人だそうで
『情熱CONTINUE』(スフィア)「夜ノヤッターマン」ED
スフィアらしいハイスピードなナンバー。サブボーカルの声に特徴的なエフェクトがかかる所もいつも通りです。
アニメにあってるかどうかは微妙な所だけどさすがの爽やかさです

『Philosophy of Dear World』(ZAQ)「純潔のマリア」OP(1話ED)
ZAQお得意のデジタルサウンドにストリング・ブラスを強調して加える事で作品に合わせて来ました。
PVの上半身は甲冑のイメージなのかもしれないけどおっぱいの大きさが気になります
『ailes』(TRUE)「純潔のマリア」ED
アニメの絵柄的路線なのか昔ながらの子供向けアニメを髣髴とさせるしっとりしたED曲。
TRUE名で復帰後はビートが速めな声を張る曲が多いイメージでしたが壮大な曲調の中にしっかり声を乗せています

『人にやさしく』(THE ROLLING GIRLS)「ローリング☆ガールズ」OP(1話ED)
ご存知のとおりTHE BLUE HEARTSのカバー曲。ボーカルに合わせたかなりポップにアレンジがかかっており曲の完成度は高い。
ただ今更のブルーハーツ押しはオシャレ狙いの評価を免れられないよ…
『月の爆撃機』(THE ROLLING GIRLS)「ローリング☆ガールズ」ED
OPと同様にTHE BLUE HEARTSのカバー曲。同じく曲の完成度は高いのですが4人の歌い方に特徴が無く
常にミックスしているので薄味の印象を免れ得ない。ターゲット年齢も考えた狙いはわかるんだけど

『Blade of Hope』(sweet ARMS)「新妹魔王の契約者」OP
「うぽって!!」から始まり何だかんだアニソン業界で生き残ったsweet ARMS。
曲はハード風味な曲が多いのですが声にパワーがないので合わないなといつも思います。最初期から成長はしているんですが
『Still Sis』(佐土原かおり)「新妹魔王の契約者」ED
sweet ARMSの一人でもある佐土原かおりソロ曲。前述のとおり声にパワーが無いので
OPにしてもおかしくない曲調がちょうどEDにピッタリという見事な調整っぷりになっています

『緋ノ糸輪廻ノGEMINI』(petit milady)「聖剣使いの禁呪詠唱」OP(1話ED)
作詞作曲がALI PROJECTなので安定感抜群というか他の人に提供してもこうなるんだというか他の人が歌ってもALI PROJECT。
安定のpetit miladyなので大崩れもなし
『マグナ・イデア』(fortuna)「聖剣使いの禁呪詠唱」ED
繰り広げられる茶番劇の裏に流れる人気女性声優陣のアップテンポな歌がスーッと効いてこれは…。
音楽活動にも定評のあるメンバーが揃っており可愛らしい声が似合うまさにラノベアニメの声優曲。曲はいいよねこの作品…

『みりたりずむ! M870ver』(東山奈央)「みりたり!」
やや安っぽい音源とスピード感と女性声優のパワーで押し切ろうとする5分アニメの見本のような曲。
東山奈央はキャラ声で歌おうとすると何言っているかわからんね

『ブラッドタイプ☆ハートビート』(アース・スタードリーム)「血液型くん2」OP
5分アニメのOPって短いので曲の魅力が伝わり難い面はあるのですがどっかで聞いた事あるような…?
って感じるくらい薄味というかフラットな曲。現実的なアイドル向けはこのあたりなのでしょう
『ハッピー∞エフェクト』(アース・スタードリーム)「血液型くん2」ED
5分アニメのEDって短いので曲の魅力が伝わり難い面はあるのですが(略)やっぱり現実的なアイドル向けは
このあたりなのでしょう。メンバーの今後に幸多からん事を祈っています

『Punky Funky Love』(GRANRODEO)「黒子のバスケ」3期OP
GRANRODEO路線は継続。通算で5曲目。曲調はストレートな青春ロック路線だったこれまでのOPより
ややファンキーなのですが力のあるボーカルが良く融合。ベテランの力を感じる事ができます
『GLITTER DAYS』(Fo’xTails)「黒子のバスケ」3期ED
アーティストは交替となったもののEDもバンド路線は継続。やや声の線が細いボーカルではありますが
ガッチリしたバッキングとの組み合わせが良く調和していますし黒子のバスケにも合っています