かえうたビー

皆さんご存知、化物語シリーズのサブタイトルには
話の中心となる人物名と関わる怪異の名前が使われている。
例えば偽物語上巻は「かれんビー」で、蜂に纏わる怪異のお話だ。

 

先週末に体調を大幅に崩した。
38度台の熱とだるさと言えば風邪かその辺りとなるが、
それと共に右足首がひどく痛む。

そしてこの熱と痛みを感じると共に秋の訪れを感じる。
心配してくれた人はありがとう。
ほぼ元気になりました。

 

この症状は数年前から寒い時期に時々発生する。
大体の場合、休みの初日に発症し、そのまま休日をパーにしてくれる。
足が腫れて歩きにも少し支障が出てくるが、
健康体でもそれほど外出しないので、実は大勢に影響は無い。

最初の頃は気合で直そうとしていたので、
ふくらはぎがパンパンに張ってズボンが広がってしまうほどだった。
また、患部を暖めるのも良くない様で風呂も片足だけを湯船から出す、
アクロバティック入浴を余儀無くされていた。

 

流石に毎度ふくらはぎパンパン丸にしているわけにもいかないので、
霊能力者ではなく医師に見せに行くと抗生物質を頂いて終了。
文明の利器のパワーは物凄く、症状は大分楽になった。

少し昔に病院で風邪でも何でも抗生物質を出すので問題になっていたが、
ストックしておきたいので是非どんどん出して頂きたい所だ。
kaeuta logは安易な抗生物質を応援しています。

ちなみに病院は内科・皮膚科どちらでも見てもらったが同じ病名を伝えられた。
調べた所、皮膚の裏側で菌が繁殖して組織を破壊してしまう病気で、
組織の破壊により顕微鏡で見ると、穴が連続で出来ているように見えるとの事。
特に足の間接付近で発生しやすいらしい。

 

酒を飲まなくなった今回は直りが早くなった。
この冬は発症自体も抑制されると嬉しいのだが…。
外出はしなくても、熱とか痛みががあると集中力のいる仕事がしにくい。
替え歌も一回スキップしちゃったしね。

 

さて、この病名だが「蜂窩織炎」と言うそうだ。

後日談というか今回のオチ。は特に無い。
病名はかっこいい。